フリーランスへの道 ⑥ 年金繰り上げ受給

会社を辞めて個人事業主で「仕事」をやろうと思うものの、上手くいくとは限らない。
上手くいかなくて、手持ち資金も尽きたら年金をもらえるか聞きに行った。

「街角年金相談」というのが勤め先の近くにあり、社労士の境界が運営しているようだ。
私は今59歳なので、普通に行くと報酬比例部分が64歳から、老齢基礎年金が65歳からになる。
年金は60歳まで払えばよいのでほぼ満期に近い。
そこで、62歳で繰り上げ受給する場合と65歳でもらう場合を計算してもらったら、年額で約14%ほどの減額となる。
これを、その後毎年貰ったとして減額の総額と満額の総額が追い付いてくるのを計算すると77歳(^^;)

今の昭和初期の方々は丈夫なので80-90と長生きされるけど、「成人病」と言われていた一連の病気が若年化ととも「生活習慣病」と変わった世代の我々がそんなに長生きできるかな?
(私は人生100年時代は、成長期に自然のモノを食べ、生存力が逞しい昭和初期の方々の特例だと思っています)
そう考えると、62歳での繰り上げ受給もありだなぁ。
フリーランスで稼がなきゃいけない額のハードルも下がるし(^^)
長年サラリーマンやってきた中高年は、定年後のフリーランスを考えると良いよね。
ちなみに、個人事業主の稼ぎがあっても年金減額にならないとの話もあります。

なお、特別支給の老齢厚生年金は女性の方が5年早く貰えるので、勤めていた経歴のある女性は男性より有利なのだ。いいなー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック