マンションと地震と初期消火の話

地震で火災となるのは戸建てが多いようである。
火気の上に建物が倒壊したり、通電火災などもある。
とはいえ、マンションの火災が皆無なわけでもない。
マンションで火災の場合には上の階に延焼する場合がある。
洗濯ものや間仕切りに燃え移って上の階に火災が広がる。
地震で火災となった場合には、戸建て・木密地域の火災への対応が優先されるだろうからマンション火災は消防車が来ないかも知れない。
出火直後の小さな火ならば消火器で消せるかもしれない。
初期消火は大切。但し、可燃物と熱と空気があれば消火器で消しても再出火する場合もある。
台所で消火器を噴射したら、もの凄い勢いで粉が舞飛び視界も無くなり呼吸も危ない。
消火器は這うような低い姿勢でしか使えない。望ましいのはゴーグル・マスクを着用だが咄嗟の時には出てこない。
こう考えると、スプリンクラー等の自動で消してくれる消火設備は望ましいが、標準になっているマンションはあまり無い。
考えれば考えるほど地震で火災になると消えないなぁと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック