非常持ち出し袋は、3Wビジネスバックがお薦め

災害時に咄嗟に持ち出す非常持ち出し袋は、何もなくなった場合の生き残り災害対応用品を入れておく必要がある。
想定は、電気・ガス・水道・通信が途絶え、真冬の寒さの中でも一晩~48時間程度は生き残れるためのモノが必要となる。
市販の非常持ち出し袋は、袋にひもが付いたナップザックのようなモノからリュックタイプのものがある。
いずれも、下に入れた物が出しにくいし、安い非常持ち出し袋セットのモノは袋も小さい。
そこで、使わなくなったビジネスバッグを活用してみた。
背負うことができる3Wタイプのモノは、荷室が3つに分かれており、中にも仕切りがある。
さらに2つのポケット部があるので用途に合わせて区分して物を入れることができる。
これだと、下の物を出すのに苦労することもない。
ショルダーバッグにもなるので、子供を背負えるメリットもある。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック