美談ではあるが・・・

倉敷市の水没した病院屋上からの救出。津波で被災した石巻市民病院からの救出。
被災した場所からの救出は美談になって残ってしまうが、そもそもそんな立地に建てた責任はどうなるのだろうか。
洪水や津波の浸水区域内に重要な施設を建てるのならば、電源や水の保管等も考慮して建てる必要がある。
また、想定以上の被害となることを考えると、そもそもそのようなリスクが低い場所に建てれば災害時にも機能発揮が期待できる。
平時の利便性や政治的な配慮の前に、災害リスクを真剣に考えなくてはならない時代に入ったのではないだろうか。
少しの人しか戻ってこない小さな町に莫大な費用を投じて長城を築くのはもうできない。
土木だけで街を護るのではなく、街の機能をリスクが低い場所に再構築することも地方創生に必要だと思う。
少子高齢化が急速に進み、災害多発国家である我が国は「復旧」の定義と取り組みを痛みを伴って考え直す必要があると思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック