気象情報の活用と減災

今日は災害情報学会の総会とその後のシンポジウムに出席。
テーマは昨年の九州北部豪雨に関連した災害情報の活用についてでした。
気象庁からは様々な気象情報が出されていますが、それぞれ目的が異なり活用も受けての事情で違ってきます。
大切なのは、情報の受け手が何をすべきかを洞察して対応することであり、組織の災害リテラルシーの向上が重要と感じました。
また、山間部などは観測データからの情報より早く河川の氾濫や土砂災害が発生している場合も多く、受け身の対応では後手に回るとの事でした。
旧河川敷や盛土切土の造成地、急峻な谷間を後背地に持つ集落や工業団地など風水害や土砂災害のリスクが高い土地が多く存在します。
風雨は強くなると危機感が増しますが、強くなってからでは避難に危険が伴います。
周囲が明るく風雨が弱い段階でのリスク洞察が肝要となります。
一方、「空振り」の場合の文句の行き先なや心理的課題もあり、地域特性や組織特性に合わせて最善の策をとれる文化が大切です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック