ビギナー・モンスターハンターワールド

娘が持っているモンスターハンターワールドの映像が凄い。ので、やってみた。
未開の大地に恐竜のようなモンスターが闊歩しているのだが、映画のように奇麗なのである。
また、昼夜・晴雨の区別があり太陽が燦燦と降り注ぐ昼とそぼ降る雨の夜の森では趣が変わってくる。
鳥や虫、小動物など細やかな演出もあり、悠久の大地を散歩するような感じなのである。
ここでは、植物やキノコを採集したり、露頭の鉱物を取ったり、釣りができる。
この釣りがしたくて始めてみた。なのでモンスターワールドでのビギナーフィシャーマンなのだ。

先輩釣り師も釣り場に現れてアドバイスや仕事をくれる。
この先輩釣り師は昼間は出てこない。夕方から夜にかけて現れるようだ。
疑似餌なのにでかいウキがついているのはご愛敬だが、魚がかかると持っているコントローラーがブルルと振動する。
なかなか良くできているのだ。

ところが、時々邪魔者が来る。モンスターが襲ってきたりするのだ。
今はほんの初級レベルなのでティラノサウルスみたいなのに襲われるとひとたまりもないのでスタコラ逃げる。(^^;)
ハンティングしていない。出来ないのだ。
実は、TVゲームは20年ぶりぐらいで信長の野望などだった。アクション系は初めてなのだ。
なので、自分のキャラがどっちを向いて、視線を合わせて、武器を繰り出す操作が下手の下のレベル。
これはなかなか難しい。
昔のドラクエとかならレベルが上がるのではザコキャラが出てくるだけなのだが、モンハンは強いのも徘徊しているのだ。
次の釣り場に行けるのはいつかなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック