テーマ:危機管理

半島情勢に思う

突如北朝鮮が軟化の姿勢を見せている。 理由は「時間かせぎ」か「見返り」と思われるが、米軍が攻撃前の緊張状態にない現時点では時間稼ぎの意味は薄い。 あれほど荒れ狂った北朝鮮が突如「良い子」になるとは思えないし、良い子になる理由も見当たらない。 オリンピックへの参加の見返りに、金氏の秘密口座(経済制裁でも凍結されていないそうである)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害復興に思う

東日本大震災から7年。そろそろ復興の大きな問題点が見えてきている。 これまでも、高い防波堤による景観や交通の便の問題や復興の遅れなどが問題となったが、そもそも「地域が復興しない」問題が顕著になってきた。 災害が起きると、「復興」がテーマとなる。前より安全で安心しできる地域を再構築する試みが進められる。 しかし、住民視点ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人口の減少とレジリエンスの話

人口が増加している国は生産年齢人口も増加し生産力も上がる。 しかし、いつまでも増加を続けるものではないらしく、日本は1990年ごろから生産年齢人口の比率は低下し始めた。 実は中国もすでに2010年をピークに生産年齢人口の比率は減少に転じ、韓国も2015年をピークに減少し始めている。 成長を続けてきた東南アジアの主要国で生産年齢の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超高層ビル、ニョキニョキ

東京には、1200棟以上の超高層ビル(高さ60メートル以上)がある。 どんどん高層化が進んでおり、中央区にある超高層マンションは58階建の高層ツインタワーに2,799世帯。 一世帯2.5人としても7000人近い人が重なり合って住んでいる。 様々な地震対策はしてあっても、全く揺れないということは無いだろう。 建物が構造的に無事だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログをリニューアル

震災対策技術展・横浜に行ってきました。 セミナーを数本聞いてきました。忘備録的に面白かったことを書き留めて見ます。 ・耐震の基準は一定の入力に対する強度だが、実際の揺れは地盤や構造、地震の個性で全く異なる。 ・建物の高層化により東京への集積が一層進んでいる。東京東部の低湿地帯に数百万人が住んでいるが災害に対する対応力は低い地域…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more