新型コロナウイルス・企業の後退戦術

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。
春には温度・湿度の上昇と共に鎮静化するとの見方もあったが、残念ながら現在も拡大が続いている。
感染ルートを見ると病院内の院内感染、飲食店、ジム等が多いようで、密閉・密集・密接のキーワードがリスクを示している。
このような状況て企業は市場側の変化(店に人が来ない・売れない)とサプライチェーンの変化(モノが入らない)、人財の確保から苦境に立たされている。
当面の生き残りの為には「資金繰りむが何より重要であり、今後の長期化も視野に入れた財務体質の改善が急務となる。これは個人レベルでも同じ事であろう。

私は昨年3月末に会社を辞め防災インストラクターとしてフリーランサーを志したが、今回のコロナ感染拡大で完全に振出しに戻った状況にある。
外出自粛の情勢ではセミナーも訓練も開催できない。現状は防災よりも眼前の感染拡大防止の方が当然優先される。
幸い設備や融資が無いので、貯金を使い自宅籠城で凌ぐしかない。
しかし、店舗展開や生産設備等の固定経費が掛かる企業では「籠城」という訳にも行かない。
選択肢としては、財務の強化改善と感染拡大期における事業の継続が重要となる。
企業活動を止めてしまった方が経費が掛からないのであればそれも選択肢だが、従業員の給与支払いがあり固定経費もあればそうもいかない。
但し、従来通りの製品・サービスでは社会のニーズに合わない場合もある。
現在求められる製品・サービスにシフトし、感染予防に配慮しつつ事業の継続を図る必要がある。

一方、テレワークによる業務も試みられているがモチベーションやメンタルの問題にも配慮が必要である。
仕事の進め方として「顔色を見る」「根回しをする」「皆まで言うな」「そのくらい察しろ」という文化が残っていた企業では、急にテレワークを導入しても厳しい。
ハンコをもらいに出社したとの笑い話もある。
ネットワークで仕事をするには、企業文化を変える必要がある。事務手続きを電子化すればテレワークが進むわけではない。
テレワークにして業務効率が上がり、生産性が高まらなければ意味が無いのである。
現在は、通勤のリスク・事務所内のリスク対策としてテレワークが進められている。
「都市封鎖」(それが「要請」によるものであっても、緊急事態となれば応えざるを得ない)の場合には、否応なく拠点での業務は断念せざるを得ない。
BCPに基づき重要業務のみテレワーク化して継続を図りつつ社員の健康管理とマインド支援が重要となる。
もはや待ったなしの状況になっている以上は事業を取捨選択して、感染収束後の反転攻勢の企業資源を確保しておく必要がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント