物足りないこれまでの事業継続計画

物足りないこれまでの事業継続計画
 中国から世界中に広がった新型コロナウイルスは感染が拡大しており、残念ながら治療方法もまだ模索している状況です。
 今回の新型コロナウイルスに対応するために事業継続計画を発動しようとして上手く行かない企業も多いと思います。感染症対応は、地震を元にした事業継続計画では対応できないのですが「地震ベース」「原因事象対応」がBCP普及の軸になっていました。これは、当初のBCP普及が身近な災害として地震をテーマとしたからです。また、災害対応計画もBCPの一環としてしまいました。
しかし、地震が「急激に減る資源への対応」であることに対し、感染症対策の場合は「緩慢に増大するリスクと資源を足さなくてはならない対応」の違いがあるためです。
 地震や風水害の場合には、「最初の一撃」で企業活動に必要な資源にインパクトがあり、何かが欠けたことで一時的に事業が中断することが問題となります。そこで、目標復旧時間を定め代替え措置や再調達を行い事業の早期再開を図ります。
 しかし、感染症の場合には緩慢に影響を与えてくるリスクに対して、経営資源を足すことで影響を低減する取り組みが必要です。例えば、普段は必要がないマスク等の着用を顧客から求められて慌てて調達した状況となり、いまだにマスク不足は続いています。また、連鎖的広域的に影響する市場と経営資源の減少は、地震や風水害に比較し破壊の程度は小さいものの影響は世界規模になます。地域や国が閉鎖され都市がゴーストタウンのようになってしまう衝撃は過去に経験が乏しいだけに、どんな影響が出るかはかり知れません。
 一方、コンサルティング会社に発注し方針とマニュアルを整備してもらったものの、社内への浸透が不十分なため「使えない事業継続」となってしまう笑えない失敗事例も多くあります。
 まず、「災害対応」と「事業継続」は分けて考える必要があります。「災害対応」は、地震・台風・大規模停電など事案ごとに対応計画を立案し資機材を揃え、訓練する必要があります。「事業継続」は発生した事案の影響から企業を守るための経営戦略としての取り組みです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント