フリーランサーへの道 軌道修正

4月から個人事業主として防災インストラクターを開始したものの、意図した「災害時救出訓練」の営業展開はなかなか進まず今後の方向性を転換せざるを得なくなった。
元々、「訓練」の営業はカバンを持って飛び込み営業できる代物ではない。そのため、展示会やセミナーで訓練の必要性を訴えて、関心を持ってくれた企業に営業するつもりであった。
とは言え、そうそうセミナー講師の話が舞い込んでくるものでもなく、まずは展示会に出展し企業の総務部門との接点を作ろうとしたのだが、狙っていた展示会が不入りで目論見が失敗だった。
7月のリフォーム産業フェアは人は来たが完全アゥエー状態。リフォームに関心があってきているので防災には目もくれない。
9月の不動産ソリューションフェアに期待していたのだが、全く来場者が来ない。これほど不入りの展示会は見たことが無かった。
正直、出展料で60万以上損をした。全く新しい企業との接触ができなかった。
また、市の地域防災での取り組みも自治会・マンション管理組合からの引き合いが無く苦戦。訓練自体やっていないところが多く、マンション管理会社の防災サービスの意識も低かった。
近年の企業の人事異動戦略により、総務部門もゼネラリストの集まりとなっているため企業側に防災のノウハウが無くなってきている。
元々はもっと企業の訓練が行われており、マンネリ化しているとの仮説だったが、実際には消防の避難訓練だけで「災対の防災訓練」は行われていない企業が多いように感じる。

幸い長らくお付き合いいただいているコンサル企業から若干のお仕事をいただくことが出来たが、自力での顧客開発は出来ていない。
そこでこれからの活動について若干の軌道修正。
「災害時救出訓練」は訓練項目の一つとして、「防災訓練企画」そのものの提案を軸にすることにした。
「訓練をやること」から提案し「訓練企画・シナリオ作成・訓練進行」や「ワークショップ」などを受託することに幅を広げてみる。
幅を広げても飛び込み営業ができるものでは無いので、セミナー・展示会・コンサルタント関係を軸に、ビル管理会社・マンション管理会社へのアプローチをしていくことにした。
約半年やってみて、見込み違いと自分の持っているアプローチラインから、仕事に繋がる企画を考え直してみる。
思惑は外れたが大きく外しているわけでは無いと思うので、自分の引き出しを広げながら来年二月の展示会を有効活用したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント