フリーランサーへの道 公的創業支援がある

私はもう開業しているのだが、始める前に知っていれば良かったかな(^^;)

防災コンサルタントを開業してから4か月が経過したものの、目立った営業活動をしていないこともあり受注は低調(^^;)
もっとも、4-6月はターゲットとしているマンション管理会社・企業が管理組合の総会や株主総会で忙しいから営業しても効果は薄いと思っていたので準備期間。
(母親の病気は想定外。幸い入院40日で退院し介護サービスのご厄介になった)
知人から創業助成金の話を聞いたので、東京都中小企業振興公社・TOKYO創業ステーションを訪ねてみた。

TOKYO創業ステーションては創業に関する相談や助成金等の手続きを支援してくれる。
相談は、専門の相談員が操業に関する様々な相談に乗ってくれる。創業時には様々な事務手続きがあるので創業前に一度確認しておくのも良い。
また、相談員と事業について会話することで自分が描いたビジネスモデルやマーケティングについて再確認と課題確認ができる。
販路拡大や知的財産保護などの相談にも乗ってもらえるので、自分の活動の確認に良いと思う。

助成事業は事業計画書の提出など幾つかハードルがある。対象項目の経費の三分の二・100-300万円が補助される制度だが承認率は10%程度。
ネットで補助金申請代行や指導のサイトが採用率90%などと出しているのは、やや眉唾のようだ。
事業計画書を描くことで自分の事業の文書化・確認ができるということがメリットで、助成金前提の事業計画は止めた方が良い。
なお、創業から五年は申請の資格がある。

東京都中小企業振興公社はビジネスサポートのチラシを出しておりA4の1/4・A6を数万円で広告を出すことが出来る。中小企業が相手だが業種によっては小手調べに良いと思う。

なお、地元の商工会議所・商工会でも助成金の制度がある場合があるので調べておくと良い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント