古い体質が残る組織

何かとバタバタト忙しく投稿が停滞m(--)m

名門フーアメフトチームが大きな曲がり角。
40年前にショットガンフォーメーションで一時代を築いた日大フェニックスも、アンフェアなラフプレーで社会の批判を浴びている。
監督やコーチにも言い分はあるだろうが、時代に合わない権威権力型組織掌握方法の亡霊としか言いようがない。
選手が反則の危険なプレーに及ばなくてはならないような組織の雰囲気を作り出した時点で今の時代はアウトなのだと思う。
自分が強いリーダーだと思っている輩が陥り易い誤りである。
ルール無用の格闘技では無いのだからルールが基本にあり、スポーツマンとしての心を忘れてはならない。
確かに、言われてアンフェアな行為をやる幼さの問題もあるが、アンフェアな行為を示唆して追い込む組織の闇は深い。
また、ラフプレー後の大学の対応も稚拙で誠意が感じられない。
潔くないリーダーと取り巻きが白亜の塔の中で自分たちの理屈で椅子にしがみついている。
自分の母校なだけに情けないし、歯がゆい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック